2007年07月01日

忘れじの交直流急行形(3)

Tc455_001.jpg

恐らくは1987年に撮影したものです。場所は郡山か福島か仙台。ってどこなんだ。
車番は忘れた。オリジナルのクハ455でないことだけは確かなんですが。
posted by ひろんぱ at 02:05| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 思ひ出の国鉄形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クハ455って、オリジナル以外は165系やサハからの改造がありますが、これはどれに該当するんでしょう?

ちなみに、場所は仙台だと思います。
Posted by 平機関区 at 2007年07月01日 22:56
仙台でしたか…

このクハ、写真をよーーーーく見てみたら202か203のどっちか(クハ451改)のようですね。
直流形からの編入車は静電アンテナの形状が違うので…
あと、中間車に運転台をつけたものは最初からシールドビームなので一発で見分けがつきます。
Posted by ひろんぱ at 2007年07月02日 02:01
なるほど〜。

改めて調べてみたら、クハ455はいろいろな番台分けがあるんですねぇ。
そういえば先日、磐西のクハ455-502に乗ってきましたよ。

Posted by 平機関区 at 2007年07月03日 21:46
500番代はサハ165改ですな。

サハといえば、勝田のサハ451とサハ455は北陸に持って行っちゃったんですよねえ。
今となっては懐かしいですが、451系といい、わざわざ九州くんだりから持ってきた485系といい何で常磐線にはボロばっかり!と憤慨した記憶があります。(苦笑
Posted by ひろんぱ at 2007年07月05日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46318572

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。